本講座① 金利上昇で消えるパパの夢【お金編】


みなさんこんにちは。

本講座①は、「金利上昇で消えるパパの夢」です。

驚愕の事実をお話しすることになりますが、腰を抜かさないようにお聞きください(笑)。


◆今は低金利の時代

まずは、次の表をご覧ください。


金利は上がったり、下がったりを繰り返しますが、現在は低金利の時代だということが分かります。

私たちが気を付けないといけないのが、

「急に金利が上がった!」

という事態です。


◆利息の支払額を認識しよう

現在の金利を1.41%とします。(35年固定)

3500万円の住宅ローンを組むとします。

返済総額 4437万円
うち利息  937万円

となります。

「え~!そんなに利息を払うの!?」

とお思いのあなた。そうなんです。住宅ローン返済に占める利息の割合はすさまじく高いのです。

◆もしも金利が*%上がったら?

本題です。もし、金利がアップしたら、この937万円もの利息支払額はどうなるのでしょう?

気絶しないように、お願いします(笑)。

3.5%になった → 利息総額 2575万円
4.5%になった → 利息総額 3456万円

ガーン。

この辺で一度整理してみます。
金利返済総額うち利息額毎月の返済額
1.41%4,437万円937万円10.6万円
2.5%5,255万円1,755万円12.5万円
3.0%5,657万円2,157万円13.4万円
3.5%6,075万円2,575万円14.4万円
4.0%6,508万円3,008万円15.4万円
4.5%6,956万円3,456万円16.5万円

この条件ですと、金利が4.5%になった場合、

借入額の倍を返す必要がある!

ということがお分かり頂けると思います。(3500万円借りて約7000万円返すという意味です)

◆金利上昇で消えるパパの夢

講座の最後のお話です。

金利がアップして4.5%になったとします。

このタイミングで住宅ローンを組んでしまうと、

金利1.41%の時に比べて、毎月の返済額が5.9万円もアップしてしまう!(表をご参照ください)

事になります(汗)。

この5.9万円はどこから捻出するのか?

それはパパのお小遣いです。(それだけでは足りませんね)

パパは将来、好きなバイクでツーリングをしたかったのに。

パパは将来、子供を釣りに連れて行きたかったのに。

パパは将来、ガンプラを部屋に飾りたかったのに。

住宅購入をお考えの皆さま!

住宅ローンの金利がアップし始める前に、滑り込みセーフでローンを組んでおきましょう!

カテゴリー: お金編   パーマリンク

コメントは受け付けていません。