本講座④ 「抵当権」を打つ!この土地と建物は誰の物!?【法律・契約編】

抵当権

みなさんこんにちは。

本講座④は、「抵当権」を打つ!この土地と建物は誰の物!?です。


抵当権ってどんなもの?


いよいよ、講座も後半戦です。

普段よく耳にする、「抵当権」の仕組みをご説明します。

この講座をご覧のみなさんは、近々土地建物を買おうとなさっています。

土地建物。

どんなに土地の安い地域でもセットで、最低1800万円はするでしょう?

ここでは、仮にセットで3000万円とします。

3000万円の現金をお持ちの方!手~あ~げて~!

しーん

DAYONE♪~

3000万円もの大金をお持ちで、即金で買える人は、きっと100人に1人でしょう。

じゃ、どうするの!?

答えは簡単♪

住宅ローンですね。

住宅ローンについては、「お金編」をご参照ください♪


◆とっても便利!住宅ローン


さて、住宅ローン。

だれが考えてくれたんでしょうね!

便利な仕組みです。

ご説明します。

皆さんは3000万円のお金がない。

でも、ほしい土地建物がある。

そこで、銀行に相談する。

あなた「住宅ローンを組みたいのですが・・・。」

銀行「ようこそ、お越しやす~♪」

銀行はすぐに審査をしてくれます。

買おうと思っている土地建物の情報、皆さんの年収や過去のローン履歴。

もろもろを調べて、銀行の回答が出ます。

「融資額2700万円までOKです!」

あれれ、3000万円じゃないの?


◆銀行はあなたに融資する?


ここ、ポイントですのでご説明します。赤ペン用意!

銀行は、

「あなたに融資しているのではなく、土地建物の資産価値に融資している」

ということをお忘れなく。

住宅ローンの決定の際に、銀行は

抵当権

を打ちます。別名「担保」とも呼びます。

抵当権を打つ。

とは言っても、ザクとかドムが持っているバズーカー砲で撃つのではなく、

「登記する」という意味ですけどね。(例えが昭和でスミマセン・・・)

抵当権。

つまり、

「もしお金を返してくれなかった場合、土地建物を売り払って、そのお金で返済させるよ!」

という権利です。


◆抵当権で経済社会が活性化!


ここまでは大体お分かりですね。

銀行としては、

土地の値下がりリスク

建物の消耗度合い

これをしっかり計算して、融資できる金額を決めていくわけです。

抵当権の性質として、素晴らしいのが

・所有権はあくまでも買ったあなた。
・あなたが銀行の指図を受けず、100%自由に使える。

という点です。

これによって、不動産をめぐる経済社会が活性化していくわけです。

考えた人に、座布団いちまい!(ふる~)

>>次の記事 本講座⑤ いざ契約!【法律・契約編】

カテゴリー: 法律・契約編   パーマリンク

コメントは受け付けていません。