本講座① えっ!私お金借りた覚えありませんが!!!【法律・契約編】

百害あって一利なし 連帯保証人

みなさんこんにちは。

いよいよ本講座です。本講座①は、「えっ!私お金借りた覚えありませんが!!!」です。


◆保証人とは?


皆さん、保証人になったことはありますか?

または保証人になってもらった事は?

そうです。今日のお話は、

「保証人」

についてです。

恐ろし~話ですから、耳の穴をOPENにして、しっかり聞いて下さいね(笑)!

皆さんがお金を借りるとき、

「保証人を立てて下さい」

という事が起こり得ます。

保証人。

やはり、怖い響きですよね!

でも、しっかり内容を理解して、その怖さを知れば、大事故を防ぐことはできます。

まず、保証人の一般的な知識から整理します。

例えば、Aさんが知人Sさんからお金を借りるとします。

Aさんは最近転職したばかりで、収入が低く、転職した会社に定着する見込みも立ちません。

お金を貸す側のSさんとしては不安ですね。

そこで貸す側のSさんとしては、

保証人

が欲しいわけです。

万が一Aさんが失業して、お金を返せないとしても、保証人が代わりに払ってくれるので。

ここでは保証人をBさんとします。


◆事件勃発!Aさんがついに失業!!


さぁ、事件です。

Aさんが実際に失業してしまいました!

Sさんとしては、

「Bさん!代わりに払ってよ!」となる訳です。

これに対して保証人のBさん曰く、

「Sちゃん。Aさんの所へ行ったかい?えっ?行ってない?あらあらそれは困るわね♪」

そうです。Bさんには、「先に本人Aの所へ行けよ!」という権利があるのです。

これを、難しい言葉で「催告の抗弁権」と言います。

要するに、

「いきなり、俺のところへ来るなや。」

という趣旨です。

Bさんに指摘された貸し主のSさんは、Aさんの所へ行きましたが、

ほうほうの体で引き上げてきました。そして、Bさんに、

「Aさんの所へ行きましたけど、やっぱり返す余裕がないって言われました・・・」

Bさん曰く、

「Sちゃん。アタシは知ってわよ。Aさんが親の遺産を相続して、大きな山を3つ持ってるって。

 そいつを売り飛ばして、お金にすればいいんでなぁい?」

そうです。Bさんには、「本人Aは、○○の財産を持ってるぜ!」

という切り札を使う事ができるのです。

これを、難しい言葉で「検索の抗弁権」と言います。

要するに、

隠し財産を暴露する。

と言う趣旨です。

お分かりいただけたでしょうか?


◆連帯保証人とは?


ひとえに保証人と言っても、こう言う切り札を使う事で、何とかリスクヘッジできるのです。

でも、これだと貸主のSさんが大損ですね。

そこで、民法が考え出したのが、保証人のグレードアップ版。

連帯保証人

と言うやつです。

連帯。

要するに、「一緒に」という意味です。

先ほどご説明した、

「催告の抗弁権」、「検索の抗弁権」を剥奪されるのが、連帯保証人です。

つまり、連帯保証人になると、借金した人と「全く同じ立場」になるのです。

連帯保証人になんて、絶対になるもんじゃありませんよ。

百害あって一利なし。


>>次の記事本講座② 「登記をしても意味がない!?」【法律・契約編】

カテゴリー: 法律・契約編   パーマリンク

コメントは受け付けていません。