本講座② 金利上昇で消える家族の夢【お金編】


みなさんこんにちは。

本講座②は、「金利上昇で消える家族の夢」です。

またまた驚愕の事実をお話しすることになりますが、顎を外さないようにお聞きください(爆)。


◆本講座①への反論

いきなりですが、本講座①に異議あり!

本講座①では、金利が約3%上昇することで、毎月の返済額が約6万円アップ。

パパのお小遣いが無くなってしまうとご説明しました。

本講座②では、この理論に待った!をかけます。(自説なのに・・・)

実は、そんな事にはならないのです。


◆返済比率ってなぁに?

その理由をご説明します。

本講座①の比較条件は・・・

ア) 今、金利1.41%の時にローンを組むか
イ) 将来金利4.5%になってローンを組むか

の比較でした。

結果的に、4.5%になった時には、毎月の返済額が6万円もアップする、とお話ししました。

でも、現実社会ではそうはならないのです。

そこには、銀行さんが発明した、「返済比率」という考え方があるのです。

返済比率は・・・

収入に対する、返済額の割合

を示します。


◆返済比率を計算しよう

例えば、本講座①の例で考えてみましょう。

パパの年収が450万円だとします。

月あたりの収入に置き換えると、37.5万円です。

金利1.41%の場合の、毎月の返済額が10.6万円なので、返済比率は、

10.6÷37.5=28%ということになります。(この計算式が分からない人は、計算ドリルご購入をお勧めします!)

仮に金利が4.5%にアップした場合の、毎月の返済額は16.5万円です。返済比率は、

16.5÷37.5=44%ということになります。

多くの銀行では、この返済比率を、

「35%以下に抑えて下さい。」と言っています。


◆返済比率の本質はなにか?

銀行が言う、「35%以下に抑えて下さい。」とは何を意味するのか?

ズバリ、「その返済額はあなたにとって重荷ですよ。35%以下になるようにして下さい」と言っているわけです。

つまり、本講座①への反論はこうです!

金利が上昇した局面で借り入れを起こすと、毎月の返済額が増えてしまうのではなく、
そもそも、借入金額自体を減らさなければならない!(返済比率を35%以下に抑えるため)

ガ~ン。

じゃ、金利のアップによって借入可能額がいくら減ってしまうの?

金利借入可能額
1.41%4,200万円
2.0%3,800万円
2.5%3,500万円
3.0%3,300万円
3.5%3,000万円
35年固定 元利均等 返済比率33% 年収450万円


◆金利上昇で消える家族の夢

表では驚愕の事実がお分かり頂けたと思います。

金利が上がれば上がるほど、組めるローン総額が大幅にダウンしてしまう!

金利の上昇は、お家のグレードダウンを意味します。

・駅の近くに住みたかったのに

・広々とした5LDKに住みたかったのに

・床暖房やIHヒーターを使いたかったのに

住宅購入をお考えの皆さま!

住宅ローンの金利がアップし始める前に、滑り込みセーフでローンを組んでおきましょう!

家族のハッピーな住生活のためです!

ご静聴ありがとうございました。



カテゴリー: お金編   パーマリンク

コメントは受け付けていません。