本講座⑤ いざ契約!【法律・契約編】

契約

みなさんこんにちは。

本講座⑤は、「いざ契約!」です。いよいよ最終回です。

契約書の仕組みをしっかりとご説明します。

◆契約ってどんなもの?


民法の大原則は、

「口約束でも契約は契約。」

つまり、口約束で、

「売ります。買います。いくらにしましょう。」

というだけで、契約が成立するのです。

でも、こんな怖い話はありませんね。

後々、「言った、言わない、聞いてない」

のトラブルが発生しないように、契約書をきちんと作りましょう、

というのが、慣習です。

最終回は、契約書の内容というよりも、外形的な仕組みのご説明をします。

しっかりお聞きくださいね!


◆署名と捺印と記名と私


まずは、

署名・捺印

という問題です。

署名はよいでしょう。

「自筆でサインする」ということです。

場合によっては、仲介業者や建築業者が、あらかじめ皆さんの名前を、

印刷している場合があります。これを、

「記名」とよび、署名とは区別します。

ゴム判を使う場合も、「記名」と呼び、署名と区別します。

契約としては、基本的にはどれも有効です。

ただ、契約書の最後あたりに、

「この契約が正しく成立したことを確認するため、売主・買主が署名捺印する」

とある場合に、「記名」してしまうと、契約書の有効性が疑われる場合があります。

それは例外として。

署名は、自分でサインをします。

これは、

「確かに自分の意思でサインをした。」

ということを示すために効果があります。

ただし、後から、

「果たして、これは本人の直筆サインか!?」

との疑いが出たときに、筆跡鑑定などをする必要があり、めんどくさくなります。

そのために、

捺印

によって、それを補うわけです。


◆捺印には認印?実印?


例えば当社に「木村」という社員がいます。

「木村」という印鑑を持っているなら、木村君に間違いない、

という想像が生まれるわけです。

でも、皆さん少し考えてください。

「木村」という苗字、それほど珍しくはありません。

さらに、判子屋さんに行って、

「木村の印鑑作ってください!」

とさえ言えば、身分証明などなしに作ってくれます。

だれでも印鑑を持てるわけですね。

このだれでも持てる印鑑のことを、

「認印」と言います。

ミトメイン

と読みます。

ちなみに、「シャチハタ印」と呼ばれる、浸透印は、

契約社会では通用しません。あくまでも会社内の書類へのサインの代わり、

と言ったレベルです。

契約日に、シャチハタを持っていかないように、ご注意を!

さて、印鑑の話。

サインだけでも本人かどうか分からない。

認印は誰でも持てる。

そこで登場するのが、

実印

です。

実印は、本人がお役所で登録をして、その印影の証明書の発行が可能となるため、

「本人に間違いない」

という推定は働くわけです。

印鑑のご説明はここまで。

ちなみに、当社での建築契約では実印での捺印はお願いしておりません。


◆収入印紙について


次に収入印紙。

例えば、建築の請負契約書には、次の収入印紙を貼る必要があります。

建築請負金額 収入印紙
500~1000万以下  ⇒10,000円 / 軽減後の税率5,000円

1000~5000万以下 ⇒20,000円 / 軽減後の税率10,000円

5000~1億以下    ⇒60,000円 / 軽減後の税率30,000円


この収入印紙を貼っていない場合、契約書は無効なのか!?

というとそんなことはありません。

契約書自体は有効です。

でも、貼っていないことが税務署のこわ~いお役人に見つかると、

・ まずは正しく貼りなさい!
・ 加えて、その2倍の額をペナルティーとして払いなさい!

となります。怖いでしょ!?

収入印紙は正しく貼りましょうね!?


◆割り印も契印のうち


最後に、契印。

けいいん。

と読みます。

契約書が2枚以上にまたがる場合、(通常はそうなります)

「このページには同意して、署名捺印したけど、次のページは知らんぜよ!」

なんて、後々言わないように、

「署名捺印した効力が、他のすべてのページに及ぶようにするため」

契印をするわけです。

例えば、ページとページの間に押す(割り印とも言います)。

でも全ページに押すのは結構めんどくさい。

そこで背表紙をピシッっとつけて、その背表紙だけに押したります。

そういうことで契約書への署名捺印の効力を、全体に及ぼすわけです。

いかがでしょう、契約。

これだけ知っていれば、もうあなたは素人ではありません。

仲介業者や建築業者の前でも、堂々と法律の専門家です!

自身を持って、

「手付けの件だけど・・・」

「保証の件だけだど・・・」

「登記は・・・」

「地役権は・・・」

「抵当権は・・・」

「契印は・・・」

とやっちゃって下さい!

うっとぉしがられる事、請け合いです!(爆)

では、皆さんのご契約が、円滑に進むことを祈って、本講座を終了します♪

カテゴリー: 法律・契約編   パーマリンク

コメントは受け付けていません。