予備講座① 丸腰で人生最大の買い物をする!?【法律・契約編】

丸腰で人生最大の買い物をする

みなさんこんにちは。

予備講座①は、「丸腰で人生最大の買い物をする!?」です。


◆民法って何!?


さて、皆さんがしっかりとお勉強しないといけないのは、

民法

だけです。

これに尽きます。

得意の極論です(笑)

「宅建業法や建築基準法は勉強しなくてもいいの!?」

良いご質問です。

が、お勉強する必要は「一切ありません!!!」

その理由をご説明しますね!


◆契約の自由


まず、この日本という民主主義国家では、「契約」というものは、基本的に自由です。

例えば、

店で物を買う。

買取屋さんに物を売る。

どうぞ自由にやってください!!!

このことを指して、偉い学者さんは「契約自由の原則」な~んて堅苦しい言葉を使いますが、

要は、「個人同士の契約はどうぞご自由に」というだけの話です。

しかし、そのような民主主義国家も、成熟度が進むにつれ、悪い輩が生まれます。

例えば、

「この人何も知らないから、高く売りつけてやろう(ウッシッシ)」

「この人何も知らないから、安く買いたたいてやろう(エッヘッヘ)」

つまり、

個人 vs 個人

の場合は、自由でもOK♪ なのですが、

個人 VS 業者

の場合、情報量や知識、経験値に圧倒的な差が出ます。

この差を埋めるために、特別な法律が必要なわけです。

その名も、

「特別法!」 (センスないなぁ・・・)


◆住宅契約に関する特別法


例えばその例が、「宅建業法」です。

宅建業者が一般個人と契約をするときは、こういうルールで頼みますよ~

なんてことが事細かく書いてある。

そして、違反したときは、重たいペナルティーが待っているわけです。

例えば・・・

・免許取り消し!今後5年間免許やらない!ウォッホン!

・罰金!これでも食らえ!エッヘン!

・懲役!サイナラ~♪

・市中引き回し!(←ジョークです)

ですので、皆さんは宅建業法を知らなくても、その代わりにお役所の

偉い方々が目を光らせて、業者を監督してくれているのです。

だから、勉強はしなくても安心!なわけです。

よかったですね~。

同じような理屈で、建物を建てる時も、

「そんなん、わしの自由じゃけん!」

とやっていると、壊れやすい家やビル、隣の日当たりを無視した建物が出来てしまうので、

「建築基準法」という法律で、規制をかけているわけです。

こちらも、お勉強する「必要は一切なし!」

悪質業者が出ないように、お役人たちが目を光らせてくれています。

よかったですね~。日本に生まれて!


◆勉強すべき法律とは?


ということで、皆さんがお勉強しないといけないのは、

「宅建業法」、「建築基準法」のお守りの効力が及ばない点、

つまり「民法」だけ、ということになります。

少しは、気持ちが楽になりましたか?

次の講座は、契約のイロハ。「手付金」についてお話します。

>>次の記事予備講座② 知らなきゃ怖い!手付金【法律・契約編】

カテゴリー: 法律・契約編   パーマリンク

コメントは受け付けていません。