本講座③  その会社は住宅価格を公開していますか?【建物編】


みなさんこんにちは。

本講座③は、「その会社は住宅価格を公開していますか?」です。

またまた住宅業界の裏情報です。しっかりとお聴き下さいませ。


◆お客様の顔色を見て見積を出す悪癖


良くある広告例です。

「土地建物セットで、2980万円」

集客の鉄則・・・「安さを見せて集客して、アップセールスしていく」

これが悪いとは言いませんが、

「お客様のためにならないのでは?」

と常々思っています。

「このお客様は予算に余裕があるので、太陽光発電を250万円で提案しよう」

「このお客様は予算が厳しいので、太陽光発電を180万円で」

なんて話が社内で行われていたとしたら、どう感じますか?


◆価格が明示されていないのには、理由があります。


イースマイルでは極力、オプション品に至るまで、価格を公開しています。

例えば、太陽光発電3KWを設置する場合は、施工費込で200万円(税別)です。

床暖房工事2ゾーンタイプで、48万円(税別)です。

これは各営業マンが頭で覚えていますし、公開もしています。

これを公開していない会社があります。その理由は?

「お客様の懐具合をみて、値段を決める」

という、昔ながらの商売の悪弊を続けている事が理由です。

お客様志向を標榜するなら、公開すべきでしょう!


◆安易な値下げをする会社にはご用心


相見積というものがあります。

高額な買い物をするときに、同じ条件で2社以上から見積もりを取ることです。

ビジネスの世界では、当たり前のように行われています。

目的は2つ

①ボッタクられていないかの確認
②値段を落とすために、競わせる

①は、例えば気に入った会社で購入しようと思っているが、値段の相場がわからないので、
確認の意味で、もう1社に見積もりを依頼するという方法です。

この場合、もう1社が少し安めの見積もりを出してきた場合、元の会社に

「この値段に合わせてよ」

で一件落着です。


◆住宅購入の競争入札


②が曲者です。

競争入札のようなイメージになります。

数社で競争させるのは良いことですが、決定要素は

「値段だけ」

になります。

営業不振で、とにかく少ない利益でも契約を取りたい会社は、赤字すれすれの見積もりを出します。

今月の営業成績が足りない営業マンも同様の値下げをします。

お客様は、安い値段の会社に決定することになります。

しかし、これで良いのでしょうか?

きっと、契約を得た住宅会社は、

「このお客様は利益が取れてないから」

ということで、さまざまな点でサービス、品質を落とす工夫をすることでしょう。
これは、どの業界においても当然の話です。

いくら、「お客様のために全力を尽くす」という理念を掲げていても、
サービス、品質を落とさざるを得ないのです。


◆イースマイルの「価格」に対する考え方


イースマイルでは、WEB・チラシの広告段階から、適正価格で
金額をお出しすることを、モットーにしています。

ですので、他社様と比較見積もりになった時に、思い切った値下げ競争は苦手です。

私たちイースマイルがお客様にご提示する価格は、

・商品の仕入れ代金
・関与する人々の人件費
・営業所の維持経費
・次の経営投資のための適正な利益

上記で構成されています。

お見積りについては、自信を持ってご提示いたします!

大幅な値引きのある会社は、見積書の中に、血が通っていない数字遊びだと
ご理解いただければ幸いでございます!


カテゴリー: 建物編   パーマリンク

コメントは受け付けていません。