予備講座② 新たな発想!デザイナーズ規格住宅【建物編】


みなさんこんにちは。

予備講座②は、「新たな発想!デザイナーズ規格住宅」です。

一般的なお話がメインですので、「そんなのとっくに知ってるよ!」という方は、
飛ばしてくださって結構です。


◆日本の家に疑問あり!


知人の話です。チラシに住宅展示場の案内があったそうです。

「坪単価28万円から!」の触れ込みで。

「そうか。合計40坪の住宅でも1130万円か。安いなぁ。」

立派な住宅展示場。ピシっとしたスーツで居並ぶ住宅営業マン達。

いくつかの会社が合同でモデルハウスを出している様子でした。

目当ての「坪単価28万円」の会社を見つけ、早速内覧。

営業マンに話を聞いているうちに、雲行きが怪しくなりました。

標準の床のグレードが低いから上げましょうだとか、エクステリア費用が入っていないだとか、
キッチンとお風呂のオプションを付けましょうだとか・・・。

結局、坪単価60万円近くなり、総予算オーバー。

予算オーバーしていることを告げると、営業マンが急に態度を変え、

「普通、こんな感じですよ」

・・・。ひどい話ですが、日本中のいたるところで行われている話です。


◆これでいいのか!?日本の住宅会社


安い坪単価で釣って、オプションで上げる。

こんな騙しみたいな営業手法、私たちは断じてユルセマセン!

総予算の低い方でも安心して、建築できる家を創りたい・・・。

そんな思いから、イースマイルの住宅事業部はスタートしています。


◆デザイナーズ規格住宅


そこで、私たちイースマイルの住宅事業部が手掛けているのが、

デザイナーズ規格住宅

です。

詳しくご説明しましょう。


◆デザイナーズ規格住宅とは?


ア)デザイナーが内外装、全てに渡りデザインしている。(床材、壁材、設備、照明、内外装全て)

イ)設計自由度は、注文住宅と建売住宅の中間に位置する。若干の間取り変更が可能。

ウ)値段がオープンになっている。要するに、「こんな家です。○○万円です」という具合に。

エ)価格帯として、ローコストを実現できる。

オ)品質が一定。つまり、基本設計図が統一化されているので、工事作業が標準化できる。

こんなところです。

たとえば、イースマイルが手掛けるデザイナーズ規格住宅「ZERO-CUBE」シリーズでは、
基本プランが、数多くあります。

この中から、ご自身の一番理想に近いプランを選択し、さらにそれをもとに、
若干の修正をかけることができます。

例えば、この壁をなくしてほしい、2Fにトイレを付けてほしい etc

建築基準法が許す限り、最大限ご要望をお聞きすることができます。

お客様も、白紙の紙に間取り図を書いていくよりも、デザイナーが設計した図面に
修正を加えるほうが、断然安心だと思います。


カテゴリー: 建物編   パーマリンク

コメントは受け付けていません。