本講座⑤ 希望のデザインの家が建てられないなんて!【土地編】


みなさんこんにちは。

本講座⑤は、「希望のデザインの家が建てられないなんて!」です。

これも非常に困ります(汗)。まさに大どんでん返し!です。

今回も具体事例をもとに説明していきます。


◆仲介業者「この土地は、地区計画にかかっていまして、その詳細はこちらです・・・」


  Eさん「ぐぅぐぅ・・・zzz」

 (ま、寝ている本人も悪いのでしょうが・・・)

後日、施工会社からこんなことを言われました。

「この土地では屋根に瓦を使う必要があります。
 
 また、高さは7mの制限があります。

 外壁の色は、白、茶、ベージュ系でないといけません。

 表面にはブロック塀を積むことができません。」

Eさん「クラクラクラクラ・・・・・」


◆地区計画とは


地域住民と行政が一体となって、地区としてのまとまりを念頭に計画を作ります。

これを地区計画といいます。

事例にあったように、建物色彩、外観、高さ、外構などに制限を加え、統一感の取れた

街づくりを目指す仕組みです。


◆Eさんの失敗


Eさんはこの土地に、3階建のモダンなデザイン住宅を建てようと考えていたのでした。

重要事項の説明中、居眠りをしたあなたが悪い!

としか、言いようがありません。

しかし、100歩譲って、住宅会社の営業マンに土地探しを任せていれば、こんな事態は防げたでしょう。

事例①~⑤では、いかに土地探しに専門性が必要か、という点をご説明しました。

共通しているのは、

「建てたい家があるならば、その住宅会社の営業マンに土地探しを依頼しましょう」

ということです。


カテゴリー: 土地編   パーマリンク

コメントは受け付けていません。