予備講座② 知らなきゃ怖い!手付金【法律・契約編】

手付金

みなさんこんにちは。

予備講座②は、「知らなきゃ怖い!手付金」です。


◆手付金って何?


皆さんが何気なく使っている手付金について、ご説明をします。

「よし、じゃぁ手付け、打っときましょうか!」

「うん、打ちましょう!打ちましょう!」

カッコいいですね~。

手付を打つ!

打つ!

という言い回しが、「いざ契約!」という気持ちを奮い立たせます。

さて、ここで手付についての正しい理解をしておきましょう。

民法では「手付」について、あぁたら、こうたら、長々しい定義がされているのですが、

意味としては、

「契約したい気持ちをお金で表す。」

ことです。

「愛はお金では測れないわよ!」

メルヘンなあなた。退場して下さい(笑)!!!


◆手付金の支払い例


例えば、1000万円の土地があったとします。

気に入った。

すごくいい。

今すぐ資金を工面するので、他に売らないでほしい・・・。

そんな時、バシッ!と手付を打つわけです。

金額は、10%だったり、20%だったりします。

あなたは、買いたい気持ちが強いので、20%の200万円の手付を打ったとします。

そして、1週間後家に入ったチラシを見る。

もっと良い条件の、素敵な土地が700万円で売りに出ている。

お~!やっぱりこっちにしよう!!!

と思ってしまう。

あなた「売主さん、すみません。先週は気持ちが高ぶっていましたけど、
やっぱり今回はなかったことに・・・」

売主「あぁ、そうですか。一生に一度の買い物だから、
気に入った土地で決めるのがいいですね。 ほな、さいなら♪」


あなた「あ、あの~。手付の200万円ですけど・・・。」

この場合、手付金は返って来るのか、来ないのか。


◆手付の放棄・倍返し


答え

1円も返ってきません!

これが手付金の性質です。

逆も見ていきましょう。

売主さんの気が変わった。

あなた以上の金額を払うから、売ってほしいという別の買主が現れたとします。

売主は、あなたから預かった手付200万円に、もう200万円を上乗せしてなら、

解約することができます。

このお話は、「手付の放棄、倍返し」という仕組みです。

つまり、手付金のやり取りをした場合、買主は手付金を放棄して、売主は手付金を倍返しで、

契約を解除することが出来るのです。ただし、「相手がアクションを起こすまでは。」

相手がアクションを起こすまでは!?


◆手付の放棄、倍返しを使えない?


そうです。

相手が契約を進めるために、アクションをしたあとは、「手付の放棄、倍返し」という

仕組みはお互い使えなくなります。

例えば、

「買主が代金の一部を追加で支払った」

「売主が所有権移転の登記をした」

などなど。

がんばろうとした人を保護してあげよう、という趣旨ですね。

皆さんは、手付金にはこういう性質があるということを、しっかり覚えておきましょう。


>>次の記事 本講座① えっ!私お金借りた覚えありませんが!!!【法律・契約編】

カテゴリー: 法律・契約編   パーマリンク

コメントは受け付けていません。